メニュー 閉じる

最強の副業とは…

最強の副業とは。

こんにちは。

最強の副業とはなんでしょう。今や大手銀行でも副業を推奨しています。中小企業はどんどん自動化し、人件費を削減しています。人手不足といわれる業界は待遇が悪いのが実情です。そこで様々なセミナーに参加する、学校に行く、オンライン講座で技術を習得するなど身銭を切るのか、短絡的に考え仮想通貨やFXなどを検討するのか。自己資金内でできることは少なく悩むことになります。

しかも仮に40代から無職になると想定した場合、そこからは殆ど就職先などありません。所属していた会社での経験など異業種ではまったく役に立つことはないでしょう。結局、所属している会社で資金や売り上げのマネジメントをして活躍していない限り、他で活躍することは相当難しいでしょう。(勘違いしてはいけないのが、売上だけ持っている営業マンも不可、新たな仕事を作り出せる人の話です)

40代に限らず、今は雇用される側が守られる働き方改革を推し進めている状況で、雇い主が重要な仕事を任せるでしょうか。時間の制限がある人材はパートやアルバイトと変わらず、ただの単純作業員としてみている経営者が殆どでしょう。仮に自動化できればそもそも必要ないのです。仮に自分に自信があったとしても、私も長くサラリーマンをやっていましたが、社内でそれなりのポジションにいたとしても、実際一人で大きなお金を動かせるようになるにはそれ相応の努力が必要です。ということは、雇用されている方の「デキる」という感覚と、実際にお金を動かせるような「デキる」という感覚は別物ということです。

またよくある若年層の傾向として、副業でアルバイト、パートのような自分の時間を切り売りすることを望まない人たちは、すぐに仮想通貨のようなものや、外為などネットを使って直ぐに稼げそうなものを重視します。そして結果がでないと悩む方が殆どですが当たり前の話です。どんなことでもそれ相応の努力が必要なのですから。

私ども特需クラブは、クラブという名前の通り技術を持ち合わせた共同体のような形成しています。
そして、私たちがクラブを形成した経緯は、技術を持ち合わせながら様々な顧客にサービスを提供しているのですが、中には対価として見合う利益を得られない流通網もあります。それは何かといいますと、代理店を経由する場合です。私共のサービスは一般企業や政治団体、公共機関にも直接提供することもあれば、代理店を経由する場合もあります。しかし、代理店が商品知識がないのにも関わず、クライアントや取引先との信頼関係を軽視し価格だけを追求しサービスの低下を招いている場合があります。本来であればしっかりとした技術を適正な価格をもって提供し、お客様に喜んでいただくことが正常だと考えておりますが、知識の無い代理店の利益獲得、知識のない代理店の従業員を支えるために、お客様に十分なサービスを提供できない場合や、お客様の負担額が増えたり、もちろん販売元の利益が減るという、誰もが得をしないサービス形態をとらざる負えない場合があります。

私共としては代理店の販売をやめるという選択肢もあるのですが、代理店の場合は既得権益が働いたり、昔ながらの悪しき風習からクライアントに直接販売したくても、経由販売しなければならない状況があるのも実情です。

そこで特需クラブでは個人の方でも契約ができるFC契約展開しております。売り上げの10%を契約者様にキックバックするシステムを採用しています。そうすることにより、代理店に対する大きなマージンをクライアントに負担させることなく、適正なサービスをお客様にお届けすることができます。

FC契約の内容としては紹介システムに近く、詳しい商談については私共が行います。
FC契約者様には確実に利益を確保していただくために、あらかじめ契約を交わしたうえで商談に入ります。

世の中にあるFC契約は契約料が30万から300万円が相場です。
しかし、特需クラブでは契約料は発生しません。その代わり面接が必要となり、適切な方と契約をしていきます。

副業としてFC契約ができた場合は、交通費等は自己負担ですが、それ以外は一切自己負担額がほぼない状態で利益を得ることができます。商品群のファーストアプローチについては当ブログで紹介している商品群がサービスとなります。

契約の締結 → 顧客の紹介 → 特需クラブによる商談 → 利益のキックバック となります。

詳しい内容は電話・メールにてお問い合わせください。

誰もが適正な利益を享受する仕組みとしてご提供しています。

 

 

TEL  011-743-4511

特需クラブ 代表
株式会社特需プロジェクト 代表取締役
モノと仕組みを作る人      松 浦 哲 也

ホテル営繕で叱られながら仕事をすることを覚え、小さな旅行会社で上場企業と新規取引をし、リフォームの訪問販売で4日で40万円稼いだことに味をしめ半年後に辞める時には6か月で60万円しか稼げなかった苦い経験をし、配管工になってから一人で現場を任せていただく喜びを感じ、なぜか北海道全域に豆を卸す食品製造工場で一番肝心な「セラミックロースターで焼き具合の管理、味付け」を行い、物産展の企画販売で全国を飛び回り、ソフトウェア販売、印刷システム販売をへて、看板資材メーカーにて営業所長職と東京で新規事業立上げを行い、過去にお世話になった印刷会社の助っ人として営業部長を務め、いつの間にか覚えた技術で会社を興しを運営しております。

そして、様々な障害もありましたが…

創業してから数多くのお客様と接することで「仕事を通じて夢をつくる」をモットーに事業を行ってきましたが、実際は「仕事を通じて絆をつくる」ということを行っていたと思います。お客様のご要望にはいつも「夢」がついてまわります。その想いを感じながら商品を製作することにやりがいを感じ、数々のご要望に答え、お客様と喜びを共有させていただきました。「夢」と「喜び」は、お客様と弊社社員一同共有できるものです。この好循環を様々なカタチに変え、今後もサービスを提供していくつもりです。

previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
電話でのお問い合わせ